2018年1月21日

#930 大切な君

  作家の百田尚樹さんには、社会人になる息子さんがいるのですが、ある時、「僕は何故だか知らないけれど、名古屋と聞くと恐怖心がわいてくるんだ。」と言ったそうです。 息子さんは名古屋に住んだこともなければ、行ったこ…